市場活性化 2021-03-12

市場活性化のキーワードは何か。
やはり、流動性の確保である。それが成れば、個人投資家もプロの投資家も皆こぞって利用するようになり、一層盛り上がりを見せることになる。
では、その流動性を確保するためには、先ず何が必要か。
それは、実需と言われる実際の現物を取り扱う法人がその調達やヘッジのために使うところから始まる。そのためにも、その相手となるマーケットメイカーが必要となる。そのマーケットメイカーにふさわしい法人は、同業の実需であり、商社・証券会社・プロの投資家であり、それらを広く抱えるブローカーであり、ヘッジの引き受け会社である。
そういった、初期のマーケット参加者を誘致できなければ、先ずは市場が成り立たない。
初期のマーケット参加者を誘致して、初期の市場を成り立たせるのが、市場運営者の責務である。

まとめると、次の段階を踏んで、市場は活性化される。
1. 実需筋とその相手となるマーケットメイカーを集めることにより初期のマーケットを成り立たせる
2. 流動性が出来たところで、投資家の参入を広く求める
3. 一通り市場の体をなしたところで、海外やファンドによる利用の成熟期を迎える
流動性が確保できて、プロの投資家や海外、ファンドが参入する時期から、様々な高度なストラテジーが駆使される。それまでは、現物に根差した単純な売買が行われる。
市場の組み立て方法(段取り)を間違ってはならない。

Comments are closed.