グリーンリカバリー(持続可能な経済復興) 2020-09-28

 新型コロナ禍からの単純な復興ではなく、折角復興するのだから、持続可能な経済復興を遂げようという考え方。
ウイズコロナ社会、脱炭素社会、再生可能エネルギーへの代替を考え方のベースに置き、グローバル資本主義からの脱却、働き方改革が、必要です。

 掛け違えたボタンを、振出しに戻して、正しくかけ直して行こうとの思い。
全く違った世界が現出されるかもしれません。
技術的には、進んだ現在のITを使えるのだから、相当に優位な状況から出直しができる。
そう考えたときに、逆に明るい未来を期待できる。
現状の各業界の苦難を乗り越えるだけのパワーが発揮されるのではないでしょうか?

 グローバル資本主義は衰退しても、グローバルな別な社会が開かれます。
衰退する産業、事業はあれど、別な新たな産業、事業が現れます。
ひしめき合って競争していたのが、退出して別な産業を興す人達が現れることにより、適当な数の競争になり、落ち着いて行く。

 新しい形態の各種産業が現れ、労働力を吸収していく。人々の生活も新しい社会でのそれになり、ワークライフバランスも整い、平和で適度な競争の、レベルの上がった社会へと進化する。
その為には、個人が、企業が、出直しを意識して、新しい形態のビジネスへ船出をして行かなければならない。

Comments are closed.