CMEに呑みこまれる?JPX、TOCOM次の選択 2013-04-23

JPXにCME出身の久野さんが入る。久野さんはNEJの前社長であった人。デリバティブに力を入れるJPX。金融庁の指導の下、JPXは必至の世界戦略である。
一方、経産省も日本の商品先物市場を自分らの手で維持して行こうと必死。日本国内の需要に頼っていたのでは限界があり、海外との連携において、ドル建てのLNGを模索する。海外との連携というのが、気になる。シカゴとシンガポールの取引所との連携と言っている。次期システムにCMEのGLOBEXをという話も持ち上がった経緯があるくらいに、経産省とCMEは連携している。
日本の取引所は、バラバラでもCMEと提携して行くつもり?それとも、一本化になって、CMEと提携して行くつもり?

Comments are closed.