匠Viewerとは

企業は「個人情報保護法」や「日本版SOX法」・「e文書法」などにより 内部統制の整備が急務となっております。現在、内部統制に一翼を担うログ管理が重要な役割を果たします。

ログの取得および管理の必要性

ログ

ログの現状・・・

企業にはシステムの稼動状況を記録するものや、 「いつ」・「誰が」・「何をした」等の膨大な量のログが散在しております。
しかし、主要なシステムにおけるログは、各プラットフォームやアプリケーション毎に異なり、 内容が統一されていないのが現状です。

ログの有効活用

企業内に眠っている散在した原石(ログ)を統合し、自社にて有効活用可能な試金石のような価値あるものに変化させ、スムーズな情報解析・企画立案・自社防衛に役立つのが『匠Viewer』となります。

匠Viewerの活用事例

監視カメラ

事例1:証跡管理

「いつ」・「誰が」・「何から」・「何をしたか」を解析する事により、操作者の行動履歴を把握。
システムの運用ルールを定め、ルール外の操作(ログ)を詳細調査することで、社内での不正アクセス・不正利用に対して事後追跡が容易になり抑止力に。

活用事例

事例2:情報解析・企画立案

複数システムでの顧客の操作ログやシステムログを統合する事によって、顧客の利用頻度や利用プラットフォームの分析、行動パターンの傾向調査等の解析ができ、詳細なレポート作成を。