個人情報保護法改正とJIS Q 15001の改訂(2017年版) 2018-3-19

昨年の5月30日で個人情報保護法が改定された。JIS Q 15001(2017)も2017年12月20日に発表され、2018年8月1日から適用開始される。猶予期間2年の内に各社とも対応を迫られる。

日本の個人情報保護法は、EUのGDPR(一般データ保護規制)が今年の5月から本格適用されるにあたって対応的な措置が取られたと思われるが、GDPRとのすり合わせは、完了していない模様。

GDPRに対応する動きとしては、APECのクロスボーダーの個人情報保護検討(APEC-CBPR)も進められている。国内の個人情報保護ルールと国際間の個人情報保護ルールの取りまとめが進んでいくことが望まれる。この分野は、最初から国際規定ISOによろ規格化が難しかった分野であり、各国の検討後に国際間の調整となっている。