オプション取引は投資家の救世主 2016-03-30

オプション取引は投資家の救世主です。
単純に、宝くじ的に、投資を始めることから始まって、組み合わせて予想される相場変動への対応を柔軟に作り出せる。
初心者からプロに至るまで、使い方のレベルはいろいろとある。
初心者は、相場の上がり下がりを予想して、オプションを買って、予想通りだと反対売買で儲け、予想に反して逆にいってしまった場合には、オプション代(プレミアム)を払って買った権利を放棄するだけ。買う時に払った料金(プレミアム)以外に損はしない。まるで、宝くじを買って、当たらなかったら購入代金が損になるけど、当たった時には1等からn等まで夢は広がる。
中級者は、カバードコールで目先の大きな相場変動はないが小さな変動範囲内の動きと予想し、大きく値上がりしたときの利益を抑える代わりに、小さな値上がり時の利益を得られるポジションをとることに専念してもよい。
上級者は、その他、たくさんある組み合わせにより、いろんな相場状況(判断)に応じたポジションを作り出し、投資家の微妙な相場判断にフィットした投資が可能となります。
相場の動きに常にびくびくしながら神経を減らすアウトライトな先物の売りとか買いに比べて、なんと使い勝手の良いものでしょうか!
投資家の知識の度合いに応じて、使いこなすことのできる便利ツールです。
まさに、投資家の救世主。